減量をはじめてみたけど、空腹に耐えられ

減量をはじめてみたけど、空腹に耐えられ

減量をはじめてみたけど、空腹に耐えられないため、中止してしまった経験よく聞きます。そんな中、人気なのが酵素ダイエットです。

 

 

 

食事の量を減らしても我慢できない空腹に襲われないからです。

 

たくさんの栄養素を含んだ酵素ドリンクを減量中に飲むことにより空腹が緩和されます。炭酸や豆乳、お湯など、好みで酵素ドリンクを割るとお腹が膨れてダイエットがはかどります。1日3回の食事のうち、何回かの食事を酵素ドリンクにするというのがこのダイエットのルールです。

 

例として、夜だけ酵素ドリンクで食事を代用したり、昼食と夕食だけを酵素ドリンクにしてもどの食事を置き換えても構いません。

 

 

ただ、すぐに三度の食事全部を酵素ドリンクで代用してしまうのは危険です。実際、酵素ダイエットをして何キロ落とせるかというのは、方法にもよるでしょうし、もとがどの程度の体重であったかにも左右されます。

 

おおそ3日で体重が3キロ減った方もいれば、同じ期間かけて1キロしか減らないという方もいらっしゃいます。

 

 

それに、復食期間中に体重が減ることがある人もいますから、どのようなものを復食期間中に食べるかというのも大切です。

 

10キロの減量を3か月間で成功した人もいますから、設定されている目標によって方法を変えてください。

 

酵素ダイエットにおいて、酵素の摂取により体内で起こる大きな変化に伴い、よく一時的な好転反応を見せることもあり、その症状は様々ですが、多く見られるのは胃痛です。
普段から、胃が休む間もなく食べていて胃酸が多い状態の人にはよく好転反応として胃痛が出る傾向があります。

 

 

 

ほとんどの場合、少し時間が経つと落ち着くのですが、ぬるま湯を含み、安静に過ごすことで痛みはやわらぐようです。しかしながら、痛みが酷く、またなかなか治らないようであるならば、残念ですが、酵素ダイエットは中止しなければなりません。特に運動をしなくても、やせることができるという点も運動する時間のない、忙しいダイエッターの間で酵素ダイエットが人気の理由ですが、運動についていえば、可能な限り行なうに越したことはなく、ダイエットは運動によって、更に質が高まります。

 

 

酵素ダイエットと軽い運動の組み合わせ、例えばストレッチやウォーキングなどを行なえたなら、より一層、健全なダイエットとなりますし、結果は体型にあらわれます。

 

 

しかし、同じ酵素ダイエットであっても、酵素ドリンクを使うプチ断食を実行している間は、身体を動かしすぎると体調に響くこともありますから、無理はしないでおきましょう。酵素ダイエットの進め方は人それぞれなのですが、続けやすい方法を選ぶとなると、朝食置き換えダイエットが良いでしょう。

 

 

 

毎朝の一食のかわりに酵素ジュースを飲む方法です。

 

 

 

朝起きたばかりの、小さくなった空の胃に酵素ジュースを流し込むと日中よりも効率良く酵素が吸収されるとされていて、また、ある程度の満腹感も得られるため、一食抜く物足りなさは少ないでしょう。
空腹に悩むのは出来るだけ避けたい、と考えるなら、更に豆乳も飲むようにします。
すると格段に腹持ちがよくなるようです。

 

 

これを毎朝続けて、習慣化させることで持続を容易にし、時間をかけますからリバウンドもしにくいとされており、おすすめです。ベジライフ酵素液はそのままでも美味しいため、楽しみながら飲むことができます。いわゆる酵素ドリンクというと、なにかしらのクセのあるイメージがありますが、このベジライフ酵素液の場合はすっきりとした味に仕上がっていますので、とっても飲みやすいです。

 

 

 

飲み方も自由で水とだけでなく、炭酸水やオレンジ、トマト、グレープフルーツといったジュース類との組み合わせもバッチリです。

 

 

酵素ダイエットを3日続けてトライし、体重が減ったら、「やった!成功した!」と思う人も多くいますが、成功したかは不確かなものです。あれから7日も過ごしていないうちにいつの間にかへこんだお腹が元通りになってしまうこともあるため、ダイエットの成功は最低1ヶ月痩せている状態を保つことができてから判断した方がよいでしょう。
もし、酵素ダイエットしているからいいや!と甘い気持ちで通常の量より多くのカロリーを摂取してしまうとこのダイエットは失敗に終わってしまうでしょう。